ロゴ

下肢静脈瘤は手術が必要「医師の支持を仰ぐのが吉」

HOME>レポート>下肢静脈瘤手術の不明点を徹底解剖【悩んでいるなら着目】

下肢静脈瘤手術の不明点を徹底解剖【悩んでいるなら着目】

足

痛みのない治療

足のふくらはぎの部分にボコボコと血管がコブのように浮き上がってきたら下肢静脈瘤の疑いがあります。また下肢静脈瘤は血管が網目状に細く浮き上がって来る場合もあります。これらの症状は痛みなどがほとんどありませんが、足のむくみやだるさなどの自覚症状があらわれます。女性の場合はスカートをはくと浮き出た血管が目立ってしまうので大問題です。下肢静脈瘤の手術は様々な方法がありますが、近年最もよく行われているのが血管内治療です。血管内治療は、これまでの手術に比べて比較的簡単で日帰りできるのが利点です。ほかの手術では全身麻酔を使うため入院が必要で、術後の痛みも残ることが多かったのです。では血管内治療はどこで受けることができるのでしょうか。これは循環器内科で受けることができます。

手術

片足15分程度で完了

循環器内科は血管に入れることができる医療用の細い管(カテーテル)を使った手術を行うことができます。クリニックでは下肢静脈瘤の診察を受けるには予約が必要な場合もあります。診察では足の状態を確認し、エコー検査などを行って血液の逆流している箇所を見つけます。そしてどのような治療が必要か見極めます。手術が必要な場合、人気の循環器内科では1年以上待つこともあります。下肢静脈瘤の手術当日はエコー検査で病気の箇所を確認し、その周辺に注射で局部麻酔を打ちます。そして膝からカテーテルを挿入して悪い部分の血管を焼いてしまいます。片足15分程度で手術は完了し、その後弾性包帯をして帰宅することができます。弾性包帯は1〜2日着用し、その後弾性ストッキングをして1ヶ月程度生活することになります。